HOME Mobile日本語オンラインカジノ・モバイルカジノの総合情報
モバイルカジノの遊び方

お勧め!モバイルカジノ

遊ぶ準備と入出金の流れ

カジノ アカウント開設

電子マネー アカウント開設

初心者Q&A

オンラインカジノの基礎知識

オンラインカジノについて

信頼できるカジノの選択

カジノソフトウェアについて

ソフトのインストール

無料プレイで腕試し

チップ購入について

ボーナスについて

払い戻しについて

カジノ最新情報ブログ

推薦カジノの詳細情報

ワイルドジャングルカジノ

スピンパレスカジノ

ウィリアムヒルカジノクラブ

ジパングカジノ

インターカジノ

ゲーミングクラブカジノ

ジャックポットシティカジノ

カジノジャンボリー

ベラジョンカジノ


オンラインカジノ比較

ボーナスで比較

ソフトウェアで比較

サポート体制で比較


チップ購入方法の解説

ecoPayz(エコペイズ)

iWallet(アイウオレット)

Webanq(ウェバンク)

クレジットカード


カジノゲームの基本戦略

ブラックジャック

バカラ

ルーレット

ビデオポーカー


オンラインカジノ考察

ボーナスの損得

狙え!一攫千金

ライブゲームは美女揃い

アーケードゲームも楽しい


プログレッシブジャックポット

プレイテック系累積金

マイクロゲーミング系累積金


システムベット(投資法)

バーネット法(1326法)

逆マーチンゲール法

ココモ法

マーチンゲール法


スマートフォンで見る
 ■ビデオポーカーとは?
ビデオポーカー

海外ではビデオポーカーはパチンコと同じほど人気!

ビデオポーカー(Video Poker)は、モニターに表示されたトランプでポーカーの役(ロイヤルストレートフラッシュ、フルハウス、フォーカードetc)を作るゲームです。 日本ではトランプゲームぐらいの扱いですが、海外ではダントツの人気を誇る手軽なギャンブルとして楽しまれています。基本戦略(ベーシックストラテジー)が存在して 機種や設定、技量によりペイアウトが100%に迫るか、100%を超えるものもあるためプロ(ギャンブラーではない)がいるほどの人気ギャンブルです。

オンラインカジノでも大人気で、プレイテック16種、マイクロゲーミング59種(派生含)、888カジノ12種、インターカジノ10種が用意されています。

多機種がありますが、どこにでもある基本機種「Jacks or Better ジャックスオアベター」についてのみ解説します。あとの機種は応用です。


 ■ Jacks or Better 9/6  (ジャックスオアベター 9/6)について
インターカジノ ジャックスオアベター

100%に迫るペイアウト「ジャックスオアベター 9/6」

「Jacks or Better」はJ(11)以上のワンペアが役として認められるビデオポーカーのルールを採用したビデオポーカーで、フルハウス9倍/フラッシュ6倍なので 一般的に「Jacks or Better 9/6 」といいます。当サイトで紹介しているのは1つを除いて9/6機です。ジャックスオアベターは色々な種類がありますのでご確認を!

9/6の標準機(下の配当表と同じ)ならばどこのカジノでもペイアウトは同じ、 最大枚数のコインでプレーする場合、論理上のプレイヤー還元率(RTP)は、99.54%で、最大枚数より少ないコインでプレーする場合、98.37%です。

そのため、1コインの金額を下げても5コインで勝負するべきです。


 ■ ジャックスオアベター 9/6 のペイアウト


ジャックスオアベター 配当表
拡大


上記ペイアウト表が「ジャックスオアベター 9/6」で還元率(RTP)は、99.54%になります。
1コイン 2コイン 3コイン 4コイン 5コイン
ロイヤルフラッシュ 250 500 750 1000 4000
ストレートフラッシュ 50 100 150 200 250
フォーカード 25 50 75 100 125
フルハウス 9 18 27 36 45
フラッシュ 6 12 18 24 30
ストレート 4 8 12 16 20
スリーカード 3 6 9 12 15
ツーペア 2 4 6 8 10
ジャックベター 1 2 3 4 5

 ■ 賭け方の用語 ジャックスオアベター 9/6の場合
■ロイヤルフラッシュ(Royal Flush)

言わずとしれた最高役です。同じ絵柄(スーツsuits=マーク)のハイカード5枚です。ロイヤルストレートフラッシュとも言われますが正確には「ロイヤルフラッシュ」のことです。
■ストレートフラッシュ(Straight Flush)

こちらはハイカードではないですが、同じ絵柄で5枚並んでる状態を言います。
■4カード(Four of a kind)

同じ数字が4つと、あと一枚は何でも構いません。
■フルハウス(Full House)

同じ数字で3枚(スリーカード)とワンペアです。
■フラッシュ(Flush)

同じスーツで5枚揃った場合です。もちろん数字はバラバラでOKです。
■ストレート(Straight)

絵柄は違いますが数字が順序通り並んでいる状態です。Aは最初でも最後でもOKですが、Aが中に並ぶ状態ではストレートになりません。(例J-Q-K-A-1-2)
■スリーカード(Three of a kind)

同じ数字のカードが3枚揃っていて、残り2枚はワンペアではない状態です。
■ツーペア(Two Pair)

ペアになって数字の揃っているカードが2組ある状態です。残りはペアになっているカード以外の数字になります。
■ワンペア(One Pair) Jacks or Better

同じ数字さえ一組揃えばワンペアなのではありません。ジャック以上の2枚一組がワンペアとしてカウントされます。ゲームタイトルの"ジャックオアベター"はここから来ています。ジャック以上がハイカードという意味です。

 ■ ビデオポーカーの基本戦略(ベーシックストラテジー)

ビデオポーカーの基本戦略は下記となります。ベーシックストラテジーの意味合いを簡単に説明すると、

最初に配られた5枚のカードにできてる役を最大限に生かす。但し、ロイヤルフラッシュ、ストレートフラッシュが狙えるカードがある時だけは既存の役をつぶしても狙いに行く。 また、役になってなくてもハイカードは重視して役につなげる。

下記がその基本戦略となりますが、実践してみると意味合いがよくわかります。優先順位は1→16です。この16段階の優先順位と内容は、結論であり、実践しなければ ハウスエッジがあがります。工夫などは要りません。プリンターマークを押すと印刷できます。印刷して次にある実戦練習で利用してください。

  1. フルハウス以上の役でカードが揃っている場合はすべてのカードをホールドする。
  2. あと1枚でロイヤルフラッシュとなる4枚をホールドする。
  3. 完成しているフラッシュ、ストレート、スリーカードをホールドする。
  4. あと1枚でストレートフラッシュとなる4枚をホールドする。
  5. ツーペアをホールドする。
  6. ハイペア(J以上のワンペア)をホールドする。
  7. あと2枚でロイヤルフラッシュとなる3枚をホールドする
  8. あと1枚でフラッシュとなる4枚をホールドする。
  9. ローペア(10以下のワンペア)をホールドする。
  10. あと1枚でストレートとなる4枚(両面待ちのみ)をホールドする。
  11. あと2枚でストレートフラッシュとなる3枚をホールドする。
  12. J、Q、K、Aの内4枚があるストレート狙いをホールドする。
  13. 同じ絵柄のハイカード(ペアではない)をホールドする。
  14. 違う絵柄のハイカードをホールドする。
  15. 同じ絵柄での10とJ、10とQ、10とKをホールドする。
  16. 1枚だけのハイカードをホールドする。

以上全てに含まれない場合は、全て交換する。

  • ロイヤルフラッシュにあと枚のときのストレート、フラッシュ、ハイペアはつぶす。
  • ストレートフラッシュにあと1枚のときのハイペアはつぶす。


 ■ ビデオポーカーの実戦訓練

ビデオポーカー

実戦訓練には必要不可欠なオンラインカジノがあります。 それはスピンパレスカジノのフリーゲーム(プラクティスモード)です。但し、フラッシュ版では利用できませんのでご注意下さい。 お持ちの方は不要ですが、ソフトをダウンロードしてください。簡単な登録で練習ゲームができます。

ダウンロードして起動させプラクティスモードでログインします. ビデオポーカーの中のJacks or Betterを探して起動させます。左の「拡大する」の通り「ゲームのオプションボタン」を押して上がったPOPUPの中の自動ホールド にチェックを入れて閉じます。

最大ベットでゲームをします。1ゲームごとに基本戦略に基づくカードをホールドしてくれますので。印刷した表、もしくはこのような使い方 で、ソフトがホールドした事由を考えながらプレイしていきます。ビデオポーカーの基本戦略が自然と身につきます。ま・・・実戦でもこのカジノがいいと思いますが・・

 ■ ダブルアップを考える

ビデオポーカー ダブルアップ

魅惑のダブルアップをどうする?

ダブルアップとは、勝利金を倍倍ゲームで増やせるという非常に魅惑的な悪魔のような機能です。ハーフダブルといって半分賭ける機能(プレイテック系videopoker03.gifvideopoker03.gif)をもつものもあります。 人間・・不思議なもので・・ブラックジャックでは倍を得るために努力するのに、どういうわけか、あぶく銭で勝負していると感じるのか、1/2とわかっていても勝負してしまう・・馬鹿・・。

ゲーム内容も魅力的で、配られた5枚のカードの内、一番左のOPENされるカードより大きい数を引けばいいので、 自身で選択ができるのでついつい やってしまう。といったところでしょうか。もっとも左に「A」がくれば4つの中に有るか無いかもわからない「A」を探すわけですから 負けたも同然でかなりのショックを受けます。

このダブルアップ機能、ネットで調べると、ワンペアを18回のダブルアップに成功して$5を$1,310,720(2006年の話・日本人は受け入れしないカジノ)した方もいるそうで・・ こんなこともあるんだなぁ〜と感心してしまいます。 当サイトで紹介しているカジノで、上と同じペイアウトを持つのは、プレイテック系のジパングカジノワイルドジャングルカジノ、ウィリアムヒルカジノ、マイクロゲーミング系の スピンパレスカジノです。インターカジノと888カジノは、フォーカードが20コインとなっているのでハウスエッジが高く設定(還元率98.25%)されています。

よって、プレイテック系、マイクロゲーミング系となるわけですが、プレイテックはダブルアップの上限2000ドル、マイクロゲーミングは機種により異なりジャックスオアベターは10,000ドルとなっていますので ドリームはありません。

※Duble Double Bonus Poker や All Acesなどは$3200で、Deuces and Joker、 Aces Faces 、Jacks or Betterなどは$10,000となります。 機種により違いが有るのでお問い合わせ下さいということです。

ダブルアップは還元率に反映されないそうです。このことから考えられるのは、カジノ側から見て儲からないビデオポーカーで利益を上げるためには、ダブルアップ機能をつけて 設けてやろうということなんだろうと思います。勝負はメンタルが大事!負けを取り戻そうとして勝負!確率1/2でもやっぱり負ける=カジノの利益

自分でルールを決め感情に流されないか、止めておいたほうが無難だとおもいます。1/2で勝負するならバカラ、ルーレットで、出目を読んだほうがいいと思いますし・・・





 ■ ダブルアップの自己管理ルール

ギャンブルは感情的になった時点で大体負けます。まして、ビデオポーカーのダブルアップの魔力は強力です。自身で決めたルールでプレイしないと必ず負けますね。 ネットで調べてみると1つの例がありましたので記載します。

  • ダブルアップは、ツーペア(10コイン)のときのみ1回だけする。
  • 勝ったら止めるて通常のゲームへ戻る(10コインの利益)
  • 負けたら(10コインの損)、通常のゲームに戻りスリーカードが出るまでダブルアップはしない。
  • スリーカード(15コイン)でダブルアップ、勝ったら30コインとなり、ツーペアで負けた10コインを取り戻して5コインの利益、通常のゲームへ戻る
  • 負けたら(25コインの損)、通常ゲームに戻りフラッシュが出るまでダブルアップはしない。
  • フラッシュ(30コイン)でダブルアップ、勝ったら60コインとなり、損をしていた25コインを取り戻し5コインの利益、通常ゲームへ戻る
  • 負けたらギブアップ。通常ゲームに戻りツーペアから
マーチンゲール法の応用みたいなものですが、深入りはせずに見切りをつけるやり方ですね。
  • ダブルアップはワンペアのときだけ
  • ダブルアップはツーペアのときだけ
  • ダブルアップはワンペアのときだけ2回まで
  • ダブルアップはツーペアのときだけ2回まで
などと、自分のルールを作らないといけません。勝負勝負はカジノ側からすれば、鴨葱です。

 ■ お勧めのビデオポーカー ジャックスオアベター9/6

マイクロゲーミング ジャックスオアベター9/6
マイクロゲーミング

プレイテック ジャックスオアベター9/6
プレイテック

前述の通り、お勧めできるジャックスオアベター9/6の還元率99.54%はマイクロゲーミングとプレイテックです。 2つは還元率は同じですが、付加機能が違います。

■マイクロゲーミング ジャックスオアベター9/6

標準的なジャックスオアベター9/6ですが、ベーシックストラテジーに基づく自動ホールド機能とダブルアップ機能がついています。 自動ホールドは自分で変更もできますので、気に入らなければ変更できます。また、ダブルアップ機能はMAX10000ドルまでです。

このビデオポーカーはスピンパレスカジノでプレイできます。機能的に見て世界NO.1のオンラインビデオポーカーだと思います。

■プレイテック ジャックスオアベター9/6

標準的なジャックスオアベター9/6です。自動ホールドはありませんので基本戦略を見につけてからプレイする必要があります。 付加機能としてダブルアップ機能とハーフダブルアップ機能の2種類がついています。これは、賞金の半分だけダブルアップできるというもので元金の1.5倍になります。 ダブルアップのMAXは2000ドルまで。かなりの勝負ができる金額です。

プレイテックのビデオポーカーは、ジパングカジノ、ワイルドジャングルカジノ、ウィリアムヒルカジノでプレイできます。

 ■ ジャックスオアベターの複数ラインバージョン

マイクロゲーミング系のスピンパレスカジノ、プレイテック系のジパングカジノ、ワイルドジャングルカジノ、ウィリアムヒルカジノの ビデオポーカーを見ていると、色々面白いものがあります。 特にスピンパレスカジノには55種ものビデオポーカーがありますので、プラクティスモード(練習モード)で試してみるのも面白いかと思います。

他のビデオポーカーでもジャックスオアベターの基本戦略がわかっていれば大きく負けることも無いと思いますが、念のためにマイクロゲーミングの自動ホールドはオンにしてプレイしましょう。

このページではジャックスオアベターにこだわりますので同機の多ラインバージョンを4つ紹介します。正し、プレイテックの50ラインは「9/6」では無く「8/5」です。 還元率は大幅に下がり最大ベットで97.30% です。最大より少ないコイン数では 95.93% になります。

ハーフダブルアップ機能があるので紹介はしますが基本的には マイクロゲーミング系スピンパレスカジノの50ラインをお勧めいたします。

マイクロゲーミング10ラインマイクロゲーミング50ラインプレイテック4ライン
マイクロゲーミング ジャックスオアベター10ライン マイクロゲーミング ジャックスオアベター50ライン プレイテックジャックスオアベター4ライン
 Back to HOME  Back to TOP