HOME Mobile日本語オンラインカジノ・モバイルカジノの総合情報
モバイルカジノの遊び方

お勧め!モバイルカジノ

遊ぶ準備と入出金の流れ

カジノ アカウント開設

電子マネー アカウント開設

初心者Q&A

オンラインカジノの基礎知識

オンラインカジノについて

信頼できるカジノの選択

カジノソフトウェアについて

ソフトのインストール

無料プレイで腕試し

チップ購入について

ボーナスについて

払い戻しについて

カジノ最新情報ブログ

推薦カジノの詳細情報

ワイルドジャングルカジノ

スピンパレスカジノ

ウィリアムヒルカジノクラブ

ジパングカジノ

インターカジノ

ゲーミングクラブカジノ

ジャックポットシティカジノ

カジノジャンボリー

ベラジョンカジノ


オンラインカジノ比較

ボーナスで比較

ソフトウェアで比較

サポート体制で比較


チップ購入方法の解説

iWallet(アイウォレット)


カジノゲームの基本戦略

ブラックジャック

バカラ

ルーレット

ビデオポーカー


オンラインカジノ考察

ボーナスの損得

狙え!一攫千金

ライブゲームは美女揃い

アーケードゲームも楽しい


プログレッシブジャックポット

プレイテック系累積金

マイクロゲーミング系累積金


マーベルジャックポット

プレイテック


システムベット(投資法)

バーネット法(1326法)

逆マーチンゲール法

ココモ法

マーチンゲール法


スマートフォンで見る
 ■クレジットカード・デビットカードでの入金について
クレジットカード・デビットカードロゴ

オンラインカジノやスポーツブックへのクレジットカードでの入金は、ここ数年来、日本のクレジットカード会社というより大本の銀行の制限により厳しく制限されてきました。

しかしながら、残高まで使えるデビットカードの普及や多種多様なクレジットカードの運営会社の台頭、オンラインカジノやブックメーカーなどの工夫によるものなのか、オンラインカジノ、ブックメーカーに入金できるカードの種類は大幅に増えているようです。

具体的にどのカードが可能かどうかを把握できることはないのですが、確実にクレジットカードでの入金が可能になってきているのは間違いありません。

利用できるクレジットカード、デビットカードの種類は確実に増えていますが、使えないケースを考えいくつかのクレジットカードを用意しておきましょう。

オンラインカジノでもスポーツブックでもクレジットカード、デビットカードでの入金には大きな問題があります。それは過去でも使いやすくなった現在でも同じことですが入金はできても出金ができないということです。

そのためにあらかじめ電子マネー(オンライン決済サービス)口座のアカウントを作り入出金を有効にしておく必要があります。

このクレジットカード、デビットカードでの入金は為替手数料の面で大きなメリットがありますので、このページにて解説しています。
 ■クレジットカード、デビットカードでの入金の基本的な流れ

クレジットカード、デビットカードでの入金の基本的な流れ

クレジットカード、デビットカードでの入金の基本的な流れを解説します。重要なのは入金はできても出金できないので電子マネー(オンライン決済サービス)口座を用意しなければいけないところです。

  1. 電子マネー(オンライン決済サービス)口座を用意します。現在お勧めなのが ecoPayz(エコペイズ) というオンライン決済サービスです。多くの日本語対応オンラインカジノで利用できます。

  2. ecoPayz(エコペイズ)へクレジットカード、デビットカード、海外送金で入金して、オンラインカジノへ入金します。これでオンラインカジノからecoPayz(エコペイズ)への出金が有効になります。※カジノによっては入金不要な場合もあります。

  3. クレジットカード、デビットカードを用意してオンラインカジノへ直接に入金します。すべてのカードが使えるわけではありませんのでカードを複数用意するのがよいと思います。

  4. オンラインカジノで勝利して電子マネー(オンライン決済サービス)へ引き出します。電子マネーから他のオンラインカジノへ入金してもいいですしecoPayz(エコペイズ)ならば日本のATMから日本円で引き出すこともできます。

 ■クレジットカードでの入金がお得な理由
オンラインカジノの入出金手段として世界中で使われている「NETELLER」というオンライン決済サービスがあります。事由は詳細不明ですが日本からの利用ができなくなりました。 日本の銀行への振込などで入金できたのとプリペイドカードで賞金をATMから出金できたという便利さがあったためギャンブラーの必須アイテムといわれていました。

日本で「NETELLER」が利用できなくなったのは、ギャンブラーにとって大事件だったのですがそれに変わるオンライン決済サービスが登場していますので基本的には大きな変化は無いのですが、入金のコスト面で大きく見直されているのがクレジットカード、デビットカードです。

ギャンブルの決済手段はドル、ユーロが普通です。日本からはドル決済が一般的ですが、このドルを日本円で購入する為替レートが注目されています。

海外でクレジットカード、デビットカードでショッピングをするのは、いまや日常的なものですが、これには大きなメリットがあります。デビットカードはリアルタイムで決済され、クレジットカードの場合は時差がありますが適応為替レートで決済されます。 ショッピングならばVISA、MASTERカードの為替手数料は約1.63%です。このレートは近くの銀行や日本の空港で両替するキャッシュレート(現金「円」から外貨現金「例:ドル」)の約3%から比較すれば大幅に安くなります。 基本的に現在日本からオンラインカジノ、ブックメーカーに利用できるオンライン決済サービスで入金にクレジットカード、デビットカードを使った場合、キャッシュレート以上の為替レート両替を含む手数料がかかるため相応の経費がかかります。

オンラインカジノのペイアウト率は97%〜98%ですので、この手数料は大きいのですが、ここはマカオやラスベガス、フィリピン、韓国に行く航空券やホテル代と考えるしかありません。

それはともかく、入金の経費を少しでも節約するのに有効なのが「クレジットカード」「デビットカード」となっています。 手数料の負担割合のからみなのか「オンライン決済サービス」にカードで入金するよりも直接オンラインカジノ、ブックメーカーへカードで入金したほうが為替レートを含む手数料を考えれば有利だということになります。

ただし、オンライン決済サービスも「ビジネス」なので基本的には、「オンライン決済サービス」経由でオンラインカジノやブックメーカーに入金した実績が無いと出金ができないというのが一般的です。ただしこのルールはカジノ、ブックメーカーの設定次第なので個々の規約を確認するしかありません。 しかしながら1度でもカジノ、ブックメーカーに入金実績があれば口座は有効とされクレジットカード、デビットカードでカジノに直接入金しても「オンライン決済サービス」で出金できるので有効に使えば大きなメリットとなります。

オンラインカジノ、ブックメーカーはギャンブルです。ギャンブルを楽しむことを考えれば、勝つことが前提ならば問題なのかも知れませんが・・・・


 ■iWallet(アイウォレット)利用の基本的な流れ

iWallet(アイウォレット)利用の基本的な流れ

iWallet口座開設から利用法の基本的な流れを解説します。下段のマニュアルを参考にすれば簡単に開設できます。

  1. アクセスして「新規口座開設」ボタンを押します。日本語を選択すれば登録まですべて日本語でおこなえます。

  2. 最初にメールアドレスを入力、次に名前やパスワードなどを入力していくと確認URLが書かれたメールが送信されます。確認URLをクリックすれば会員登録完了で「スタンダード会員」です。

  3. iWallet口座を利用するには「エグゼクティブ会員」にアップグレードする必要があります。ログインして「ユーザー設定」のなかにある「ユーザ基本情報設定」と「KYC書類認定」を行ないます。

  4. 「KYC書類認定」で免許証の裏表、電気料金の請求書などを送信すると3日程度で認証されます。

  5. iWallet(アイウォレット)への入金はクレジットカード、デビットカード、銀行振り込み(海外送金)などです。

  6. オンラインカジノのキャッシャーから入金にiWalletを選択するとiWallet(アイウォレット)のページにつながりユーザ名とパスワードを入力すれば即座にカジノ口座へ反映されます。

  7. 出金も同様にジパングカジノなどiWallet対応カジノのキャッシャーから「iWallet」を選択して出金します。

  8. 日本への出金はiWallet口座にログインして「出金申請」から日本の銀行口座を登録して送金します。(カードはコストが高すぎるのでお勧めできません。)

 ■iWallet(アイウォレット)対応カジノ

iWalletが利用できるオンラインカジノは当サイト推奨カジノの中で4カジノとなります。

iWalletから各オンラインカジノへ入出金することができます。

ジパングカジノカジノジャンボリーインターカジノベラジョンカジノ

 ■iWallet(アイウォレット)開設マニュアル

iWalletに登録する個人情報はすべて正しく入力して下さい。 間違いがありますと入出金ができなくなる場合があります。 iWalletに偽証や複数のIDを登録しますとアカウント凍結になります。IDは1人1つだけです。 ホームページは日本語化されており、日本語サポートもあります。下記を参考にしていけば特に問題なく開設できます。将来的に大きなオンライン決済システムになっていくことを期待します。

iWallet(アイウォレット)利用マニュアル

1. 口座アカウント開設登録方法

 ・アカウントの申し込み(スタンダード会員)

2. エグゼクティブ会員へアップグレード

 ・住所などの個人データの登録

 ・「KYC書類認定」の為に本人確認書類の送信(免許証の裏表、電気料金の請求書など)

3. iWalletへの入金

 ・iWallet口座へ入金します。

4. あなたの銀行口座への国際送金

 ・あなたの銀行口座を登録します。

 ・iWalletから日本の銀行の口座へ送金します。

5. サポート

 ・メールによるサポート 日本語可


※仕様の変更により下記内容やフォームは変更されることがありますが、入力事項に大きな変更はないはずなので参考にしてください。

  1. 口座アカウント開設登録方法

  ・1-1 ホームページにアクセスして「新規口座開設」ボタンを押す。

  ・1-2 メールアドレスを入力、名前、パスワード、誕生日等の入力

  ・1-3 アカウント開設確認メールの確認


 ■ 1-1 ホームページにアクセスして「新規口座開設」ボタンを押す。
iWallet(アイウォレット)

iWallet(アイウォレット)オフィシャル


iWalletオフィシャルにアクセスして「新規口座開設」ボタンを押します。

ホームページが日本語になっていない場合は、言語を選択して日本語にします。IEでは日本語にできないことがあるようです。日本語にならない場合「Google Chrome」でアクセスします。



 ■ 1-2 メールアドレスを入力、名前、パスワード、誕生日等の入力




登録するメールアドレスを入力して「次へ進む」ボタンを押します。

名前、パスワード、誕生日等を入力します。選択以外は半角英数ローマ字です。

  1. パスワード:8文字以上で半角数字と半角英字(大文字を含む)を入力

  2. 国:Japanを選択

  3. 名:名前を入力 例)taro

  4. 姓:苗字を入力 例)Yamada

  5. 生年月日:選択します。免許証などの記載誕生日と一致すること。

入力終了後「確認ページへ進む」ボタンを押します。入力されたデータが表示されますので「口座を開設する」ボタンを押します。

登録したメールアドレスに確認URLが記載されたメールが送信されます。



 ■ 1-3 アカウント開設確認メールの確認


送信されたメールの中には、登録したデータの確認用URLが記載されていますのでクリックします。

成功すれば「登録有難うございます。」と表示されてスタンダード会員として登録完了になります。

※お客様のステータスはHKD8,000(USD1,000.相当)まで利用可能です。・・・と表示されます。

この金額ではオンラインカジノからの入金にも対応できませんので、本人確認書類を提出して「エグゼクティブ会員」へアップグレードを行なう必要があります。


  2. エグゼクティブ会員へアップグレード

  ・2-1 住所などの個人データの登録

  ・2-2 「KYC書類認定」の為に本人確認書類の送信(免許証の裏表、電気料金の請求書など)

  ・2-3 エグゼクティブ会員認証について


 ■ 2-1 住所などの個人データの登録




住所などの個人データの登録を行ないます。

ページにログインして「ユーザー設定」の中にある「ユーザ基本情報設定」を選択すると

左記のページになりますので、半角英数ローマ字であなたの住所や電話番号などを入力します。

この後に「免許証の裏表、電気料金の請求書など」を送信する「KYC書類認定」と同じ登録住所が必要です。ローマ字表記により「-」など多少の表現違いは問題ありません。

「確認画面へ」のボタンを押すと入力内容が表示されますので「登録」ボタンを押せば設定完了です。

登録メールアドレスに「【iWallet】お客様基本情報ご登録・変更完了のお知らせ」というタイトルのメールが送信されます。

 ■ 2-2 「KYC書類認定」の為に本人確認書類の送信(免許証の裏表、電気料金の請求書など)
エグゼクティブ会員にアップグレードするためには「本人確認書類」を送信する必要があります。

KYC書類:ご本人確認書類とご住所確認書類をセットでアップロードして下さい。

ご本人確認書類とは

政府または公的機関が発行したお客様の氏名、顔写真、生年月日、有効期限、発行機関名が明記されている書類です。

有効期限失効まで3ヶ月以上の書類をご準備ください。

※現在、お受付しているご本人各書類は下記3種類です。事前にサンプルをご確認ください。

・パスポート ・運転免許証 ・住基カード

ご住所確認書類とは

政府・公的機関または一部企業が発行したお客様の氏名、現住所、発行日または有効期限、発行機関名が明記されている書類です。

有効期限失効まで3ヶ月以上、または発行から3ヶ月以内の書類をご準備ください。

  • 電気料金 ガス料金 電話/金融機関明細 水道料金 住民票 健康保険証 住基カード 運転免許証 組合員証 障害者受給者証 福祉受給者証
  • 弊社推奨のKYC書類セットは、パスポート+運転免許証です。

    1. 住基カードと運転免許証は住所確認書類としてもご使用できますが、その際はご本人確認書類として同時には併用できません。
    2. ファイルは、サイズ5MB以下のjpg、jpeg、pdf、png、gifにてお願いします。
    3. 書類の全体をカラー撮影し、小さな文字が読める鮮明な画像をお願いします。
    4. ピンボケ、ブレ、不鮮明、全体像が撮影されていない画像は不可になりますのでお気をつけ下さい。
    5. 画像の目安は、拡大して小さい文字が判読できる鮮明度になります。

     ■ 2-3 エグゼクティブ会員認証について
    住所登録、「本人確認書類」を送信が終了すると営業日3日程度でメールタイトル

    【iWallet】エグゼクティブ会員ご登録完了/Successful registration to executive membership

    と書かれたメールが送信されます。

    これで「エグゼクティブ会員」になりましたのでiWalletへの入出金、オンラインカジノへの入出金が可能になりました。



      3. iWalletへの入金

      ・3-1 クレジットカード、デビットカードで入金する。

      ・3-2 国際銀行振り込みで入金する。


     ■ 3-1 クレジットカード、デビットカードで入金する。




    ログインして入金申請をクリックします。クレジットカード/デビットカード(VISA/MASTER)で入金する場合は、「VISA」「MASTER」を選択して入金額「€ユーロ」を選択します。

    画面が切り替わり入金する金額が表示されます。入金は「€ユーロ」になっています。バウチャー(クーポン)を購入する形での入金になります。

    決済会社画面に切り替わりますのでクレジットカード情報を入力します。

    短時間で口座へ入金されるので「口座残高確認」で確認します。入金はユーロですが「USD」「JPY」「EUR」「GDP」「HKD」「SGD」で表示されます。


     ■ 3-2 国際銀行振り込みで入金する。


    「銀行振込」を選択すると入金先の銀行が表示されます。確認時点では中国・上海の「交通銀行」が表示されました。この銀行は中国の五大銀行のひとつで、1908年に設立。本社は上海で、上海証券取引所、香港証券取引所に上場しているそうです。

    この銀行に「USD」「JPY」「EUR」「GDP」「HKD」「SGD」の6種類の通貨で希望の金額を入金すれば1週間程度で、入金通貨どおりiWallet口座に反映され、他の通貨もレート返還されて表示されます。

    メールには入金方法が詳細に書かれていますので大きな問題は無いと思います。

    海外送金はどこの銀行でも取り扱っていますが、一番安いと思われる楽天銀行をお勧めします。郵便局で100万円送るのに2000-2500円、一般銀行で2500-3000円かかるようですが楽天銀行ならば750円のようです。



      4. あなたの銀行口座への国際送金

      ・4-1 あなたの銀行口座への国際送金します。


     ■ 4-1 あなたの銀行口座への国際送金します。
    あなたの銀行口座に直接送金します。銀行のデータが必要になりますが今はインターネット検索でもわかりますし、口座のある銀行に問い合わせれば詳しく教えてくれますので簡単です。

    口座番号********1234-
    SwiftコードBOTKJPJT例)三菱東京UFJ銀行
    銀行名Bank of Tokyo-Mitsubishi UFJ 例)三菱東京UFJ銀行
    住所596-4 minamiyajima-cyo aaaa-shi tokyo-to 例)東京都aaa市南矢島町596-4
    支店コード208-


    上記のように準備した日本の振り込み先銀行のデータを入力します。

    支店名や支店住所は、登録する口座の支店に電話をして正確な「ローマ字」表記を確認したほうがいいかもしれません。独特な表示になっている可能性もあります。

    日本の銀行口座登録は、慣れていれば簡単な作業ですが最初は戸惑うことがあるかもしれません。同様に海外送金も一度慣れれば簡単にできます。

    中継銀行 (Correspondent Bank) とは、外国に送金するにあたり、その通貨の中継地点となる銀行の略称です。日本の銀行の場合は入力する必要はありません。



      5. サポート

      ・5-1 日本語サポート


     ■ 5-1 日本語サポート


    サポートはフォームメール送信です。英語、日本語、中国語、韓国語のお問い合わせに対応しています。

    返答は、原則として翌営業日までにEメールにて回答してくれます。土日祝・夏季・冬季休業日のお問合せは、お待たせする場合あるとのことです。

    お問合せフォーム



     Back to HOME  Back to TOP